*** Information ***
2020-04-01 SciFinder から SciFinder-nへ契約を変更しました
2020-04-01 KOD(研究社オンライン辞書)の契約を終了しました
2020-04-01 日本建築学会論文等検索の契約を終了しました
2020-02-13 Springer Materialsの「学認」サービスからの利用が可能になりました
2019-08-05 Science の「学認」サービスからの利用が可能になりました
2019-03-14 Wiley eBook 5タイトルを追加しました
2019-02-27 Elsevier eBook 12タイトルを追加しました
2019-01-28 Inofbase eBooks 英文多読用 中級113タイトル追加しました
2019-01-24 Maruzen eBook Library177タイトルを追加しました
2019-01-10 IEEE transactions on information theory, Trans ASME Journal of computational and nonlinear dynamics, Trans ASME Journal of computing and information science in engineering は2019購入中止になりました(講座・教員研究費購入タイトル)
2018-10-16 Powder Diffraction File(PDF2) 2019 に更新しました
2018-07-09 JCR(インパクトファクター検索) 2017年版が利用可能です
2018-06-28 Springer Protocols プラットフォームがSpringer Nature Experimentsへ移行
2018-06-18 Web of Science プラットフォームで Inspec データベースが利用可能です。「データベースを選択」から横断検索かInspecを選んでください。。
2018-04-02 JDreamⅢ利用に関する変更事項 職種・お名前の入力が必須になりました
2018-03-09 日経BP記事検索サービスアカデミック版の契約を3月末で終了します
2018-02-05 VPN接続サービスメンテナンス 2月7日 18:00 - 19:00
2017-04-19 ScienceDirect「Comprehensive Materials Processing」電子ブック1冊追加
2017-02-27 CiNii機関定額制・サイトライセンス個人IDサービスなどが2017年3月31日で終了します
2017-02-27 Maruzen eBook Library200タイトル, EBSCOhost eBook Collection(NetLibrary)42タイトルを追加しました

学外からの利用 (学内者専用)


  「学認」サービス / VPN接続 / 個人アカウント作成

本学に所属している方向けの案内です。
契約している電子ジャーナルや電子ブック,データベースなどの電子資料は本学に所属している方が利用できます。
但し契約上,身分の種類によりリモート接続できない資料があります。

本学で契約している電子資料は,IPアドレスで認証を行っているため,原則としてキャンパス外からは利用できません。
但し,以下の「学認」サービスやVPN接続,学内キャンパス内から接続して登録した個人アカウントを用いると,自宅や出張先などキャンパス外にいても利用することができます。

1. 「学認」(学術認証フェデレーション)サービスの利用

  • 出版社によっては,「学認」(学術認証フェデレーション)の認証リンクからログインすることで,キャンパス外からもアクセスすることを認めている場合があります。
    電子ジャーナル電子ブックデータベースについての説明文中のの電子資料が,「学認」サービスが利用できる電子資料です。

  • 「学認」サービスは,VPN接続と異なり,ソフトウェアを各自のパソコンにセッティングする必要がありません。 ログインすると,データベースや電子ジャーナル,電子ブックを,学内にいるのと同様な環境で検索ができます。
  • 各電子ジャーナル・データベースごとにある,専用の認証リンクからログインしてください。   各サイトの認証リンクへのログイン方法はこちらのマニュアルを参照ください。
                                   
「学認」サービスが利用できる電子資料注記各サイトの学認入り口は
マニュアル参照
Science Direct (Elsevier)マニュアル(pdf)
Scopus (Elsevier)マニュアル(pdf)
SpringerLink(Springer)マニュアル(pdf)
Web of Science Core Collection (クラリベイト・アナリシス)*マニュアル(pdf)
EndNote basic (クラリベイト・アナリシス)マニュアル(pdf)
CiNii (国立情報学研究所)マニュアル(pdf)
EBSCOhost eBook Collection (旧NetLibrary)マニュアル(pdf)
Cambridge Journals Online (CUP) 4誌のみ購読*マニュアル(pdf)
RSC Journals(RSC Publishing) 1誌のみ研究費で過去購読*マニュアル(pdf)
Nature(Nature Publishing)マニュアル(pdf)
Ebook Central(旧ebrary)マニュアル(pdf)
Maruzen eBook Libraryマニュアル(pdf)
Wiley Online Libraryマニュアル(pdf)
American Institute of Physics (AIP) 4誌のみ購読*マニュアル(pdf)
Scienceマニュアル(pdf)
SpringerMaterialsマニュアル(pdf)
  • 認証リンクのログインID・パスワードは,情報メディア基盤センターのID・パスワードです。
  • 認証リンクで個人情報を送信することに同意した人のみ,利用ができます。
  • 個人情報送信の選択肢などにより,一度のログインで複数のデーターベースを,データベースごとにログインせずに利用することもできます。
  • 但し,上記表の注記項目「*」が記載してある資料は,派遣職員・名誉教授・外国人研究者・外国人受託研修員・民間等共同研究員・受託研究員・内地研究員・日本学術振興会特別研究員・その他研究員の方は 契約上キャンパス外からのリモート接続はできません。Web of Science については利用可能な場合もありますので,情報サービス係へお問い合わせください。

2. VPN接続の利用

  • 出版社によっては,VPN(Virtual Private Network)接続を利用してキャンパス外からアクセスすることを,認めている場合があります。
    電子ジャーナル電子ブックデータベースについての説明文中のの電子資料が,VPN接続が利用できる電子資料です。

  • VPN接続については,情報メディア基盤センターのVPN接続サービスの利用についてのページをお読み頂き,各自のパソコンにセッティングして利用してください。
  • VPN接続に関わるソフトウェアやネットワークに関する詳細については情報メディア基盤センターにお尋ねください。
  • 各出版社の利用規約・利用約款・Terms and conditions 等を遵守してご利用ください。
       例)JDreamⅢのVPN接続の場合
          学内での利用と同様に利用約款を遵守してください。
          (データの利用端末外への持ち出しはできません。複製・再配布も禁止です。)
          不特定多数の方(契約機関に所属されていない方)には接続方法を公開してはいけません。
          契約機関に所属する職員(派遣職員を含む)・非常勤講師・学生等のみの利用に限ります。
          学外者, 卒業生, 退職者は利用できません。
  • 但し,上記「学認」サービスの表の注記項目「*」が記載してある資料およびProquest eBook Centralは,派遣職員・名誉教授・外国人研究者・外国人受託研修員・民間等共同研究員・受託研究員・内地研究員・日本学術振興会特別研究員・その他研究員の方は 契約上キャンパス外からのリモート接続はできません。

3. 作成した個人アカウントやIDで利用

 学内(機関IP認証内)から各データベース・電子ジャーナルサイトで個人アカウントを作成すると,キャンパス外からも利用できたり,個人の検索履歴を保存・メールアラートの設定など,便利な機能を使うことができます。
【SpringerLinkの場合】
  • SpringerLink については,学内からSpringer LINKのサイトで個人アカウントを作成すると自動的に機関のメンバーとして関連づけられ,その機関所属の利用者として認識されるようになります。 学外からはその個人アカウントで利用できます。
  • 個人アカウントは学内ネットワークからSpringerLinkに接続し,右上の [Sign up / Log in] をクリック → [Create account]から登録できます。
【ACM Digital Lubraryの場合】
【SciFinderの場合】
【EBSCOhost eBook Collection : NetLibrary の場合】
  • NetLibraryについては,学内で個人アカウントを作成すると,学外から利用できます。
  • 学内ネットワークからNetLibraryに接続し,右上の [サインイン] をクリック → [アカウントの新規作成]から登録できます。
      次のように入力してご利用ください。
        [ユーザー名]  情報メディア基盤センター発行のアカウントと同じものを入力
        [パスワード] (半角英数字)6文字以上
        [Emailアドレス] 大学発行のメールアドレスを入力
        [ファーストネーム・ラストネーム] 姓名を入力
      (参照)ユーザーガイド(pdf)
【Maruzen eBook Library の場合】
  • Maruzen eBook Libraryについては,学内で個人アカウントを作成すると,学外から利用できます。
  • 学内ネットワークからMaruzen eBook Libraryに接続し,右上の [アカウント] をクリック。
      次のように入力してご利用ください。
        [認証ID(メールアドレス)]  学内発行のアドレスを入力してください。(ドメイン名が tut.ac.jp あるいは tut.jpに限る)
         Yahoo!メールやGmail携帯電話など個人のメールアドレスは利用できません。
        [お名前] 姓名を入力
        登録したメールアドレス宛に確認メールが届きますので,そこから認証パスワードを入力して登録してください。
        https://elib.maruzen.co.jp から登録した認証ID(メールアドレス)とパスワードでアクセスできます。
  • 90日間の利用になります。利用期限の延長も可能です。
【Infobase eBooksの場合】
【EndNote basicの場合】
  • EndNote basicについては,個人アカウントを作成すると,学外から利用できます。
  • クイックリファレンスカードの 1.ユーザー登録を参照して、アカウントを登録してご利用ください。
  • EndNote basicは,無料でも利用できますが,無料版はアウトプットスタイルの種類が21種になります。機関版は3,300種になります。


(最終更新日:2020年4月6日)